マンボウは1度に3億個の卵を産むが、そのうち大人になるのは数匹

シェアする

スポンサーリンク

雑学&豆知識

マンボウの卵は藻や岩などにくっつくことなく、広い海に散らばって行く。

この散らばった卵をマグロやカツオなど他の魚がパクパクと食べる。たとえ3億個の卵があったとしても、大きくなれるのはほんのわずかなのだ。

また運良くふ化することができたとしても、マンボウというやつはとんでもなくデリケートで、水質の変化にとても弱い。また寄生虫にもすぐ寄生される。皮膚や消化器には約40種類の寄生虫が寄生しているとも言われている。

さらには、消化機能がとても弱く、しばしば消化不良を起こす。水族館の中には、エサをわざわざミンチ状にし、しかもその中に整腸剤を混ぜているところもあるほどだ。

【追記】最近の研究では、全長2.7メートルのマンボウが約8000万個の卵を持っていたことがわかっている模様。3億個はちょっと多すぎなのかも!?