カバは赤い汗のような粘液を体から出す

シェアする

スポンサーリンク

「血の汗」と言われることも

雑学&豆知識

カバは汗腺を持っていないので、汗はかかない。なので、体の表面から出て来るこの赤い粘液も、厳密には汗ではない。

カバの皮膚を守るために分泌されるもので、紫外線を防いで日焼けしないようにしたり、粘液の殺菌作用で、皮膚が感染症にかかるのを防いだりと、「血の汗」だなんて不穏な名前のわりには大活躍なのだ。

ちなみに、この粘液は最初は無色透明なのだけれども、空気に触れるとすぐに酸化して赤くなるのだそうだ。

人間の汗も紫外線を防いでくれたなら、いちいち日焼け防止のクリームを塗らなくて済むのになあ、とちょっと思ってしまったあなた。私もですよ。