夏になるとオシドリのオスは地味な羽色になる。オシドリがオシドリらしいのは繁殖期だけ

シェアする

スポンサーリンク
地味色のオシドリを見ても、たぶん何の鳥かわからない

雑学&豆知識

オシドリといえば、オスのあの派手な羽色がすぐに思い浮かぶのだけれども、実はこの羽根、繁殖期だけの冬期限定使用。

秋から春にかけての繁殖期をすぎると、銀杏羽などの綺麗な飾り羽根が抜けて、メスとほとんど変わらない地味色に変身してしまうのだ(この状態をエクリプスという)。

繁殖期のつがい(ペア)はこんな感じなのだけれども。

繁殖期がすぎるとご覧の通り。

ちなみに、左がメスで右がオス。羽色はほとんど同じになっても、くちばしの色が違うので(オスは赤い色をしている)なんとか見分けることができる。

でも、池にこの2羽が泳いでいたとして、「あっ、あそこにオシドリがいる!」
と見つけられる自信は、全くない。