キリンの学名Giraffa camelopardalisは「速く走るヒョウ柄のラクダ」の意味

シェアする

スポンサーリンク
そう言われてみればラクダにちょっと似てるかも

雑学&豆知識

キリンの学名はGiraffa camelopardalis。

属名のgiraffaはアラビア語の「速く走るもの」という言葉がもとになっていて、種名のcamelopardalisはラテン語で「ヒョウ柄のラクダ」の意味がある。

というわけで、二つをあわせると「速く走るヒョウ柄のラクダ」となる。

アラビア語とラテン語をくっつけちゃうのはちょっと無理があった……かどうかは知らないが、一般的には種名のcamelopardalisのほうにのみ注目して、キリンの学名は「ヒョウ柄のラクダ」を意味すると言われているようである。

ちなみに。

ラクダは時速30~40キロメートルで走るのに対し、キリンは時速は50~60キロメートルで走ることができる。

確かにキリンのほうがラクダよりも「速く走る」。