リスが食べた松ぼっくりのカスはエビフライそっくりの形をしている

シェアする

スポンサーリンク

リスが食べた松ぼっくりのカスはエビフライそっくりの形をしている

リスに関する雑学&豆知識

リスが松ぼっくりの中にある松の実を食べようと、周囲をガリガリガリッとかじった後に残るのが、まるでエビフライのような形をした松ぼっくりの芯の部分。

「リスのエビフライ」や「森のエビフライ」なんて呼ばれたりもするらしい。

テレビで紹介されたことなどもあって、Twitter界隈でもちょっとした話題になっているっぽい。