金魚は5ヶ月程度はものを覚えていることができる

シェアする

スポンサーリンク
 

 

3秒じゃ、今エサ食べたことすら忘れちゃう。

雑学&豆知識

金魚の記憶力は3秒しか持たない、なんて噂がまことしやかに出回っているが、むろんそんなことはない。

金魚を飼ったことのある人なら、エサを上げようと水槽に近づいただけで金魚が水面へと浮かび上がってきた経験があるだろう。これはすなわち

少なくとも1日は記憶が持つ。

ということの立派な証明になるだろう。

けれど、1日より長いことはわかっても、そこから先どのくらいの記憶力があるのかという話になってくると、残念ながら素人ではよくわからない。

2015年11月14日に放送されたNHKドキュメンタリー「本当はワイルドなペットたち」では

金魚は記憶力が良く、5ヶ月程度は記憶を保つことができる。

と明言していた。

3秒どころではない。「記憶力が良」いのだ。

さらに金魚は、飼い主を見分けることもできるという。水槽越しに見る人間なんて、ユラユラとゆがんでいるだろうし、匂いもわからなければ、声だってよく聞こえなだろうに大した能力だ。

金魚はあまりにも身近すぎて、軽く扱ってしまうことが多いように思うのだが、これだの能力を持った利口な魚なのだから、これからはもっともっと大切に扱ってあげたいものだ。