ネコが水を嫌がるのは毛が水をはじかずにずぶ濡れになってしまうから

シェアする

スポンサーリンク
 

 

お風呂場でのネコは必死すぎてつい笑ってしまう(ごめんよ)。

雑学&豆知識

イヌとネコの両方を飼ったことのある人なら知っていると思うが、水に濡れた時にイヌは体をブルブルっと2~3回振っただけでかなり乾いてしまうのに対して、ネコはいくら体を振っても毛がべたっと体にまとわりついたままで、イヌにくらべると明らかに毛の乾きが遅い。

実はネコの毛は他の動物に比べて脂分が少ないので、このようなことになってしまうのだ。

一度濡れてしまうとなかなか乾かないため、体温が奪われてしまう。寒暖の差が激しい砂漠に住んでいたネコの祖先にとって、体温が奪われるというのは生死にもかかわる大問題だ。

そのため、本能的にネコは水を嫌がるようになったと言われている。