タスマニアデビルは1度に20~30匹を出産するがそのうち育つのは数匹

そもそも乳首が4つしかないのだ

スポンサーリンク

雑学&豆知識

オーストラリアに生息する有袋類(おなかに袋を持っている)であるタスマニアデビル。

1度の出産で干しぶどうほどの大きさの赤ちゃんを20~30匹出産する。赤ちゃんはすぐさまお母さんのお腹の袋の中に移動するのだが、そこにあるのは4つの乳首のみ。

なので、最終的に育ち上がるのはわずか数匹となってしまう。野生の世界はかくも厳しいのだ。そして、切ない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク