体長4m以上はクジラ、それより小さいのはイルカ

何とも大らかな分類の仕方

スポンサーリンク

雑学&豆知識

生物学的にはイルカとクジラは一緒なのだ。

大海原をゆったりと泳いでいるのがクジラ、頭が良くて動作が機敏なのがイルカといったイメージがあったけれど、どうやらそういうことではないらしい。

大人の体長が4メートルを越すものについてはクジラ、それより小さいのについてはイルカというのが、分類的には正解。

ただし、この分類もだいたいの目安で、4メートル以下のクジラ(コマッコウ、ゴンドウクジラなど)もいるし、4メートルより大きいイルカ(シロイルカ)もいる。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう