8月12日は世界ゾウの日

8月12日は世界ゾウの日

悲しいことだけれど、象牙をねらった密猟が後をたたない。

スポンサーリンク

ゾウの雑学&豆知識

8月12日は「世界ゾウの日(World Elephant Day)」

カナダの映画監督Patricia Simsさんと、タイにあるゾウ保護団体Elephant Reintroduction Foundationが、密猟などで絶滅の危機にあるゾウの現状と保護をうったえる目的で2012年に制定されたもの。

ちなみにどのくらいヤバい状況かと言うと。

欧州各国がアフリカを植民地化する前(1880年代より前?)には約2000万頭いたアフリカゾウが、1970年頃には100万頭になり、2016年には約35万頭しか生息していないのだ。

参考 象牙求め密猟、アフリカゾウの減少止まらず/2000万頭から35万頭へ。問われる人類の智 | 森林文化協会ブログ

アジアゾウの状況はさらに深刻で現在の生息数は3万5000~4万5000頭程度と推測されている。

「ワン(1)ワン(1)ワン(1)」で11月1日の「犬の日」のような語呂合わせのものから、その動物の現状を訴えて保護活動を広めるための...

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう