英語でクジャクは「peafowl(ピーフォール)」。ピーコックは孔雀のオスだけ

英語でピーコックはクジャクのオス。メスはピーヘン。

地味なメスを見て「ピーコック」は違うのか……。

スポンサーリンク

クジャクの雑学&豆知識

スズメはsparro(スパロウ)、ツバメはswallow(スワロー)、ツルはcrane(クレイン)。でもって、クジャクはpeacock(ピーコック)かと思っていたら、これがちょっと違うらしい。

たとえばニワトリは
オス:rooster(英国ではcook)
メス:hen
オスメス両方:chicken
ヒヨコ:chick

と言うらしいのだけれども、クジャクの英語名もこれに似ている。

クジャクは
オス:peacock(ピーコック)
メス:peahen(ピーヘン)
オスメス両方:peafowl(ピーフォール)
ヒナ:peachick(ピーチック)

といった具合に、オスとメスで呼び名をわけている。

動物園などでは、たいていはクジャクのオスにばかり目が行ってしまうから、クジャクといえばpeacock(ピーコック)はある意味、間違いでないのかもしれないけれど、これからは

クジャクと言えばpeafowl(ピーフォール)

と覚えておいたほうが良さそうだ。男女同権の時代だしね(笑)

ちなみに。

動物たちの英語の名前が書かれているギンビスの「たべっ子どうぶつ」というビスケット。

ここに入っているクジャクのクッキーは、ちゃんとオスとメス共通のpeafowl(ピーフォール)になっていた。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう