ザトウクジラは愛の歌をうたう

ザトウクジラは愛の歌をうたう

時には20時間以上も歌い続けることがあるのだとか。

スポンサーリンク

ザトウクジラの雑学&豆知識

あれだけ大きな体が、海の中をゆったりと泳いでいるだけで十分に神秘的なのだが、その上オスのザトウクジラは歌までうたう

繁殖期にさかんに歌われることから、メスへの求愛行動ではないかとも言われているのだが、詳しいことはまだわかっていない。

1曲あたり数分から30分程度の曲を何曲も繰り返して歌い、しかも翌年になると「去年の曲」から「今年の曲」へと曲が徐々に変化して、シーズンが終わる頃にはまったく新しい「今年の歌」が歌われているというのだから、大した才能だ。

そんなに熱烈にオスにアプローチされたなら、メスのザトウクジラなんてすぐに恋心を抱いてしまうんじゃないかと思うのは、人間側の単純な発想なのか。

でも。

誤解を怖れずに言うならば、ミュージシャンが歌をうたっている時は、普段の5割増くらいで格好良く見えるから、クジラの世界といえども、歌っているオスはものすごく素敵に見えるんじゃないかと、そう思うのだ。

▼ ザトウクジラの歌声が録音された動画。


Whale Song – YouTube

情熱的と言うよりは、ちょっともの悲しい?!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク