馬がイヒヒッと笑ってるのは実は匂いをかいでいるだけ

馬がイヒヒッと笑ってるのは、実は匂いをかいでいるだけ

楽しそうに笑うっていうよりも、ちょっと人を小馬鹿にしてるよね(笑)

スポンサーリンク

ウマの雑学&豆知識

「イヒヒッ」と笑うウマ。

どこからどう見ても、歯をニュッと突き出して笑っているようにしか見えないのだけれども、もちろんウマはこんな風に豪快には笑わない。

実はこれウマがちゃんと匂いを嗅ごうとする時に行う「フレーメン」と呼ばれる行動

ウマの鼻の穴の下側には「鋤鼻器(じょびき)」と呼ばれる空間があって、ここに匂いを感じる細胞がたくさん集まっている。

まるで笑っているかのように上唇をベロンとめくり上げることで、吸い込んだ空気がこの鋤鼻器(じょびき)に流れて、匂いをいつもよりきちんと感じることができるというわけ。

もっとも。

フレーメンの多くはメス馬の匂いを嗅ぎつけたオス馬が行うものらしいので

「馬って、いい香りがわかるのね」

などと期待しすぎないほうがいいかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう