暑い地域に住んでいるシマウマほど縞(しま)の本数が多い

あんまり細いと目がちかちかしそう

スポンサーリンク

雑学&豆知識

暑い地域に住むシマウマほど、しましまの本数が多いとの研究結果が、2015年1月13日付けの「Royal Society Open Science」誌に発表された。

縞模様には体温を下げる効果がある。

高温が好きな昆虫を寄せ付けない。

虫が運ぶ病原菌に感染しにくい。

との仮説があるようで、感染の危険が高い高温多湿地域のシマウマほど、感染から逃れようとして縞模様が増えたのではないかと考えられているらしい。

しかし、これはあくまでも仮説。

そもそも縞模様に体温を下げる効果があること自体に疑問を持っている学者さんもいるくらいなのだから、暑い地域のシマウマほど縞の本数が多い理由についてきちんと説明されるのは、まだ当分先の話になりそうだ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク