キリンの舌が黒いのは日焼け防止のため

シェアする

黒色は紫外線遮断率が高いのだ

雑学&豆知識

キリンの舌は黒い。

見方によっては、濃い紫色にも見える。

でもって、この黒みたいな紫みたいなやっぱ黒かな~の長い舌をべろーんと出しては、木の葉などをからめ取って食べている。

我々人間の常識から言えば、舌は赤っぽい色をしているものなのだが、なぜにキリンさんの舌は黒なのかと言えば。

なんとこれ、エサを食べる時など舌を出した時に、舌が日焼けをしないよう、紫外線を吸収しにくい黒色(黒紫色)になっているというのだ。

いやいやいや。

誰考えたの、そんなこと?

だったら、体の他のところは日焼けしちゃっていいの?

と頭の中は?マークだらけなのだが、日差しを必死に避けている世の女性たちの真夏の服装――黒い日傘、黒い帽子、黒い手袋(みたいなの)――を思い出すと、

確かに日焼け防止だよね、とそこに関しては納得できたりもする。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


今なら「買い物パンダ」のキャラクターが可愛いクレジットカードが選べます。

フォローする

スポンサーリンク