超未熟児で生まれるカンガルーの赤ちゃんは、袋から顔を出した日が誕生日

飼育員さんの気づき次第で、誕生日が変わる!?

スポンサーリンク

雑学&豆知識

カンガルーの赤ちゃんは体長2センチ、重さ0.8グラムほどの超未熟児状態で生まれる。

あまりに小さいので、いつ生まれたのか、いつお母さんの袋の中に入ったのかがわからないこともある。

なので動物園では、赤ちゃんカンガルーがお母さんの袋の中から初めて顔を出した日を誕生日としていることが多い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク