恐竜より大きい!世界最大の動物はシロナガスクジラ

世界最大の動物はシロナガスクジラ

 

クジラを見ると人生観が変わるって言うけど、そのクジラがシロナガスクジラだったら……、変わり過ぎちゃう!?(笑)

スポンサーリンク

シロナガスクジラの雑学&豆知識

あぁ、恐竜みてみたいな。

あんな大きな動物が動いてるなんて、どんなにすごいことなんだろう。ワイルドだなぁ、ロマンだなぁ、タイムマシンがあったらなぁ。

なんて思ったことのある方も多いのではないだろうか。

けれど。

当然のことながら、生きている恐竜を見ることなんてできない。せいぜいが映画に登場する恐竜たちを眺めては、今この世にいたら、こんなかな、あんなかな、と想像する程度だ。

だったら恐竜じゃなくてもいい。とにかく大きなな動物が見たい!ってことになると、現代でもきちんと生息しているヤツがいる。

シロナガスクジラだ。

恐竜のようなゴツゴツした体つきでもないし、そもそもが見た目はほ乳類というよりも魚に近いから、恐竜と比較されることが少ないのだが、世界最大の動物といえばシロナガスクジラなのだ。

なにしろ

体長30メートル、重さ200トン。

でかいなんてものではない。

水中でなければ保てないような体重だ。

ちなみに、史上最大の恐竜とされているアルゼンチノサウルスですら

体長30~40メール、体重100トン(推定)

体長こそシロナガスクジラより大きめだが、体重はわずか半分しかない(まぁ陸で生活していたしね)。

最近では、世界最大の「動物」はシロナガスクジラだけど、世界最大の「生物」は樹木のセコイアだよ、いやいやキノコのヤワナラタケだよ、みたいな話があるけれど。

ここまで行ってしまうと、もはやロマンというものをさっぱり感じないので、ここでは省略させてもらう。

あしからず。

海も陸もひっくるめて考えれば、シロナガスクジラという大御所がいるが、地上に住む動物の中では、アフリカゾウがもっとも大きな動物だ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう