ココノオビアルマジロはいつも一卵性の4つ子を産む

ココノオビアルマジロはいつも一卵性の4つ子を産む

た、たぶんだけど。一卵性じゃなくて、四卵性の子どもでも、見た目はほとんど同じなんじゃないかな。

スポンサーリンク

ココノオビアルマジロの雑学&豆知識

イヌやネコを始めとする多くの哺乳類は、一度に数匹の子どもを出産する。

なので、ココノオビアルマジロが毎回4つ子を出産したとしても、それほど不思議なことではないのだが、ココノオビアルマジロの何がそんなに特別なのかと言えば

いつも一卵性の4つ子を産む

のだ。

かなりの確率で一卵性の双子以上の出産をすることを「多胚生殖」と言うのだが、哺乳類ではココノオビアルマジロだけがこれに当てはまる。

生物学的にはすごいことなのかもしれないが、まあ、普通は

「あっ、4匹生まれた」

くらいにしか思わないよね。
(~_~;)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう