発見当初、カモノハシの標本は作り物と疑われ、縫い目を探すために切り込みまで入れられた

シェアする

ヨーロッパ人に最初に発見されたのは1798年

雑学&豆知識

アヒルのようなクチバシと水かきのついた足、ビーバーのようなシッポ、カワウソのような胴体と密集した毛皮。

確かに偽造だと疑いたくなる要素は十分。

カモノハシが発見された当初、その標本に縫い目がないかどうかを確認するために、毛皮に切り込みまで入れられたという。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


今なら「買い物パンダ」のキャラクターが可愛いクレジットカードが選べます。

フォローする

スポンサーリンク