キリンの頭のツノには「オシコーン」という名前がつけられている

キリンの頭のツノには「オシコーン」という名前がつけられている

「オシコーン」ってなんで美味しそうに聞こえるのかな?と思ったら、どうやら「とんがりコーン」を思い出してたらしい(笑)
スポンサーリンク

キリンの雑学&豆知識

角(ツノ)というと、シカやウシなどが持っている硬そうなツノをイメージするけれど、キリンの頭の上にちょこんと乗っかった小さな出っ張りも、正真正銘のツノである。

骨のまわりが皮膚と毛でおおわれているので、柔らかい(らしい。触ってみたいww)。

この特殊な形のツノには「オシコーン(ossicone)」というちゃんとした名前がつけられていて、オスのオカピ(キリン科の動物)もオシコーンを持っている。

確かにキリンのツノにそっくりだ。

なんだったら、顔つきまで似てる気がする。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう