マンボウの学名Mola molaはラテン語で「石うす」の意味である

シェアする

スポンサーリンク
い、石うす……。

雑学&豆知識

尾びれがなく、円盤のような形をしたマンボウ。

この形から来たと思われるマンボウの学名が「Mola mola」。molaはラテン語で「石うす」の意味である。

けれど、近頃ではマンボウというとデリケートな魚のイメージがすっかり定着してしまっているので、いかにも頑丈そうな「石うす」ってのは、ちょっとしっくり来ない気がしないでもない。

ちなみにマンボウは漢字で書くと「翻車魚」。翻車にはひっくり返った車輪という意味があるらしい。いずれにしても、丸い魚ということなのだろう。

もうひとつ付け加えるなら、マンボウは英語だと「Ocean sunfish」。究極に丸くて巨大だ。