チョウザメは歯が1本もないから、噛みつかれてもまったく問題なし

シェアする

チョウザメに関する雑学&豆知識

チョウザメという名前といい、いかにもな感じのその姿形といい、さぞや凶暴に違いないと思っていたのだが。

そもそもが鮫の仲間じゃないチョウザメ君。

性格もいたって温厚、というか凶暴になりたくてもなれない秘密があった。

それは。

歯が1本もないこと。

いやいやいやいや。さすがにそれはないだろ。こんな顔つきしているのに?

と思うかもしれないが、本当に歯がないのだ。

証拠の動画がこちら。


動画で異様さをチェック!(チョウザメに指をかまれる水族館) – YouTube

指というか手のひら全部を噛まれている感じだが、怪我をしている様子もなく、痛くも何ともなさそうだ。

水族館プロデューサーの中村元さんのブログでも、指にかぶりつくチョウザメの画像が掲載されている。

指を食べられてみよう![標津サーモン科学館] ( 旅行 ) – ブログ水族館/中村 元

動画よりもこちらのほうがわかりやすいかもしれない。

ここまで来ると

チョウザメ? サメでしょ、 凶暴でしょ。

なんてきっと思わない。

ただのひょうきんでお間抜けな可愛い魚にしか見えなくなってくる。

ちなみに歯のないチョウザメがどうやって餌を食べるかと言えば、水底付近にいるエビや貝などを、アゴの下のヒゲで探索。

よし、ここだっ!

と思ったら、口元をヌッと伸ばすように突き出して、エサを丸呑みしてしまうのだ(だから歯がいらないんだね、ってそれでいいんだろうか(笑))。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク