ウバザメの英名「バスキング・シャーク」は日なたぼっこをするサメの意

深海を泳ぐウバザメが「日向ぼっこ」とはこれいかに?

スポンサーリンク

ウバザメの雑学&豆知識

ジンベイザメに次いで、サメの世界で2番目に大きいのがこのウバザメだ。

なかなかに強烈な見た目をしているのだけれども、その英語名はかなりのんびりとしている。

その名も「Basking shark(バスキング・シャーク)」

日なたぼっこをするサメという意味だ。

実際に日なたぼっこをする習性があり(ただ、漂っているだけという説もある)この名前がつけられたのだという。

古くは「Sun Fish(太陽の魚)」と呼ばれていた時もあるようで、どちらにしても太陽と深いかかわりがあるのは間違いないようだ。

個人的には、太陽というよりも深海魚のイメージのほうが強いので、どうにもピンと来ないのだが「バスキング・シャーク!」という強そうな言葉の響きだけは、ウバザメの勇ましい姿に似合っているような気がしないでもない。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう