生まれたてのコアラの赤ちゃんは1円玉とほぼ同じ大きさ

シェアする

ちっちゃく生まれて、大きく育つ

雑学&豆知識

カンガルーと同じ有袋類のコアラはお腹に育児嚢(いくじのう)と呼ばれる袋を持っている。なので、赤ちゃんは未熟な状態で小さく産まれ、この袋の中がすくすく育つと言うわけ。その期間は、およそ6ヶ月。

安心して小さく生まれることのできる赤ちゃんのそのサイズは、大きさ約1.7センチ、重さ約0.5グラム。重さ的には、1円玉よりはちょっと軽い。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


今なら「買い物パンダ」のキャラクターが可愛いクレジットカードが選べます。

フォローする

スポンサーリンク