クラゲの長い触手は時々からまってしまい、ひどい時は団子のようになる

もちろん自然にほどけることのほうが多いけれど

スポンサーリンク

雑学&豆知識

糸のように細い触手は、クラゲ同志、あるいは自分自身だけでも絡まってしまうことがある。

自然界ではもちろん誰も手助けをしてくれないから、ひどく絡まってしまった場合、触手を脱落させて再生する。そう、クラゲには再生という奥の手があるから、そんなに心配することはないのだ。

水族館では、飼育員さんが長い棒を使ってほどいたり、それでもダメな場合は手でほどいたりしているらしい。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう