ヘビが体をくねらせながら滑るように動けるのはウロコの表面が潤滑油でコーティングされているため

シェアする

 

 

雑学&豆知識

体を左右にくねらせながら、なめらかに前進するヘビ。

あまりに普通の光景だったから、それを疑問に感じたことなどなかったのだが、12月9日付の「Journal of the Royal Society Interface」誌に発表された論文によると

ヘビのウロコはわずか数ナノメートルというきわめて薄い潤滑油でコーティングされている
のだそうだ。

数ナノメートルってどのくらすごいのよ?

と思ったら、これがなんと人間の髪の毛の数万分の1の直径だというから驚きだ。

ヘビの腹側のウロコと背中側のウロコには構造上の違いは全くないのだが、腹側のほうがすべすべして見えるのは、この潤滑油があるためなのだとか。

ずいぶん昔の話だが、ヘビがすぐ目の前を横切って行ったことがある。

近寄れないから、ヘビが通りすぎるまで道の真ん中で立ち尽くしていたのだが、その時のヘビの体とアスファルトのこすれる「ザザッ、ザザッ、ザザッ(もうちょっと違う感じだったけど、文字にすることこれしか思いつかない)」という音が、何だか妙にリアルだったのを覚えている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク