ヘビにも胴体とシッポの区別がある

ヘビにも胴体とシッポの区別がある

そもそもヘビの「胴体」とか「シッポ」なんて考えたこともなかったけどね。

スポンサーリンク

ヘビの雑学&豆知識

たとえばネコとかイヌならば、どこが胴体でどこがシッポかはすぐにわかる。

だけど「手足のないヘビにも胴体とシッポがあるんだよ」と聞いても、すぐにはピンと来ない。

頭とは反対側の体の端っこがシッポだろうということは、うっすらとはわかるのだが、胴体との境目はどこにあるのだろう?と考えると、途端にややこしくなってしまう。

が、一応ちゃんとした区別がある。

ヘビのお尻の穴(総排泄孔)を境にして、穴より頭側が胴体、それより後ろ側がシッポとなっているのだ。

ヘビに手足はないけれど、シッポと胴体はちゃとあるんだと思ったら、なんだか少しだけ親近感を覚えたのは自分だけだろうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク