まるで別鳥!ユリカモメは夏になると頭部が真っ黒になる

まるで別鳥!ユリカモメは夏になると頭部が真っ黒になる

 

どう見ても別の鳥。

スポンサーリンク

ユリカモメの雑学&豆知識

東京都の「都鳥」にも指定されているユリカモメが渡り鳥だということはあまり知られていない。

同じカモメの仲間のオオセグロカモメやウミネコなどが、留鳥として1年中日本にいるため、なんとなくカモメは日本にずっといる鳥のように見えてしまうのだろう。

さらには、ユリカモメが夏と冬とでまったく違った姿になることもあまり知られていない。

冬に日本にいる時のユリカモメは、私たちがよく知るユリカモメなのだが、日本を離れる4月中旬頃になると、まるで別の鳥のようになる。

それがこれだ。

 

 

黒い頭巾をかぶっているとしか思えない姿。

なまじ頭巾っぽいものだから、長旅にそなえて身を隠しているようにしか思えないのだが、夏にユリカモメがやって来る国ではこちらのほうがスタンダード。

ちなみにユリカモメの英名は「Black-headed Gull(黒い頭のカモメ)」。日本人には絶対に思いつかない名前になっている。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう