カメが水の中で冬眠しても死なないのは、お尻の穴でも呼吸しているから

カメはお尻の穴でも呼吸ができる

お尻の穴はあくまで補助的にだけどね。
スポンサーリンク

カメの雑学&豆知識

爬虫類のカメさん。

なんと3種類もの呼吸法を持っている。

  • 一番ノーマルな肺を使っての肺呼吸。
  • 皮膚についた水に含まれている酸素を取り込む皮膚呼吸。
  • おっとびっくりの粘膜呼吸(お尻の穴の粘膜と喉の粘膜)

粘膜呼吸とは咽頭粘膜と言われる喉の粘膜と、総排泄腔粘膜と言われるお尻の穴の粘膜にある毛細血管から水中の酸素を吸収するというもの。

もちろん肺呼吸がメインなので、イシガメやクサガメなどを水の中にぽちゃんと入れたままにするのは絶対にダメ。皮膚呼吸やお尻の穴呼吸はあくまでも補助的なものにすぎない。

それでも。

冬眠中などは代謝が下がり、必要な酸素量が減っているので、水底にもぐったままで1~2ヶ月を過ごすことができるという。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう