ゾウの歯の本数は上下左右1本ずつの計4本だけ

ゾウの歯の本数は上下左右1本ずつの計4本だけ

想像していたよりもずっと少ない。

スポンサーリンク

ゾウの雑学&豆知識

人間基準で考えると、もっとたくさん生えていても良さそうに思えるのだが、ゾウの歯は上下左右に1本ずつの合計4本しかない。

わずか4本といえども、すべてが草をすりつぶすための臼歯からなっているので1本1本が巨大ではある。

わらじ(草で編んだ草履)を極厚にしたような形をしていて、洗濯板のような溝がついている(表現が古くさくってごめんなさいよ)。

この4本の歯は生涯で6回生えかわる。

ちなみに、ゾウに特徴的な長くて立派な象牙は切歯が発達したもの。こちらは生え替わることなく一生伸び続ける。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう