オカピの赤ちゃんは生まれてから何十日間もフンをしない

シェアする

超便秘体質ってわけでもないらしい

雑学&豆知識

世界の三大珍獣といえば、ジャイアントパンダ、コビトカバ、そしてオカピ。

そのオカピの赤ちゃんは、なんと生まれてから数十日もの間ふんをしないという。

ウスバカゲロウの幼虫アリジゴクが、幼虫の間はフンをしないという話はきいたことがあったが、まさかほ乳類で数十日間も我慢する動物がいるとは知らなかった。

ちなみに、アリジゴクの場合は羽化の時にいままでたまっていた分を一気に排泄するらしいが、オカピの場合はフンをためているわけではなくて、母親のミルクが体内に全部吸収されるため、フンをする必要がないらしい。

いったいどんなスペシャルなミルクなんだろう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


今なら「買い物パンダ」のキャラクターが可愛いクレジットカードが選べます。

フォローする

スポンサーリンク