ダチョウの羽根にはパチパチ静電気がおきない

ダチョウの羽根にはパチパチ静電気がおきない

冬にわかるありがたさ♪

スポンサーリンク

ダチョウの雑学&豆知識

ダチョウの頭のツンツンしている羽根を見ていると

静電気で逆立った!?

と思いたくもなるのだが、実は

ダチョウの羽根には静電気がおきない。

静電気の起きにくい便利な(?)特性を生かして、自動車業界では車体のホコリや静電気を除去する「ダスター」として利用しているのだとか。

そういえば、車のフロントガラスやボンネットをサワサワする毛ばたきも、今にして思えばダチョウの羽根だった。

▼ こんなの。
B005SKFUKM
ハンディクラウン(Handy Crown) ダ鳥 毛バタキD1

身近なところでは、羽根を使った「はたき」も。

▼ これ。
B00EWK7OP8
オーストリッチ羽根はたき PATA(パタ) (灰)

静電気が起きないので、細い毛先でからめとった汚れは、はたきをバサッバサッとふるだけで汚れが落ちるんだとか。

何気に高性能なダチョウの羽根。

自分の髪の毛にも静電気除去機能が欲しい……。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう