ラッコがアワビやホタテなど高級食材ばかり食べるのは泳ぎが上手くないから

泳ぐことより浮かぶことを選んだっぽい

スポンサーリンク

雑学&豆知識

眠る時はもちろん、出産ですら水中でおこなってしまうラッコ。

そんなにいつもいつも海の中にいるのなら、さぞや泳ぎも得意でしょと思ったら、実はそうでもないらしい。

アシカやオットセイのように素早く泳ぐことが苦手で、魚を捕るのも大苦戦。結果としてラッコは魚をほとんど食べることなく成長する。

人間の目から見ればとっても高級なホタテ、ウニ、カニ、アワビなどを中心に食べるているのもこのためで、決して贅沢をしているわけではない(……と思う)。

水族館でも自然界からやって来たラッコは魚をほとんど食べないが、水族館生まれで小さな時からいろいろな食べ物を与えられていたラッコは魚を食べるようになるらしい。

というわけで。

泳ぎ苦手。

魚、上手くつかまらない。

アワビやホタテでいいや。てへぺろ(・ω<)

という流れができあがる模様。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク