ココノオビアルマジロは腸にためた空気を浮力にスイスイ泳ぐことができる

上の画像。アルマジロであることは間違いないのだが、ココノオビアルマジロかどうかは不明。スマン。

スポンサーリンク

アルマジロの雑学&豆知識

体長約10センチのヒメアルマジロから約1メートルになるオオアルマジロまで、アルマジロには20種類がいるのだが、その中のひとつにココノオビアルマジロがいる。

このココノオビアルマジロ、腸に空気をため込んで自前の浮き輪を作ることができるという、何とも不思議な特技の持ち主なのだ。

水に入ったらすぐにでも沈んでしまいそうな見た目重そうな体なのだが、すいすい泳ぐにはこんなところに秘密があった。

……ってことで納得するはずだったのだが。

腸に空気をためられないはずのムツオビアルマジロも、かなり上手に泳ぐことができるのだよね。

▼ サンシャイン水族館のムツオビアルマジロと思われる動画


泳ぐアルマジロ(20150913@サンシャイン水族館) – YouTube

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク