リスは高いところから飛び降りる時にシッポをパラシュートがわりにする

シェアする

スポンサーリンク
個体差かと思っていたけど、シッポの太さって変わるんだ

雑学&豆知識

木から木へと飛び移る時や、少し高いところから飛び降りる時、リスはシッポの毛をブワッと広げる。

こうすることで、シッポが空気抵抗を受けやすくなり、落下速度を遅くらせることができるのだ。ちょっとしたパラシュートの原理だ。

ちなみにシッポの毛は胴体の毛の約3倍の長さがあって、普段は想像していたより細いように見えても、いざという時はフサフサのシッポに変身する。