オランウータンのオスの頬のひだには「フランジ」という名前がつけられている

オランウータンのオスの頬のひだには「フランジ」という名前がつけられている

これがあるかないかで、顔の迫力が全然違う。

スポンサーリンク

オランウータンの雑学&豆知識

オランウータンのオスの頬にある特徴的なひだは「フランジ(Flange)」という名前がつけられている。

このフランジは強い大人のオス限定で発達し、フランジを持つオスを「フランジ雄」と呼び、ひだのない弱いオスは「アンフランジ雄」と呼ばれる(もっといい呼び方なかったのかな(笑))。

強いオスがいるあいだは弱い「アンフランジ雄」はずっとひだがないままなのだが、ひとたび強いオスがいなくなり、自分がトップに躍り出ると、すぐにフランジが発達して「フランジ雄!」へと変身を遂げる。

わかりやすいといえば、わかりやすい。

ちなみにフランジは一度大きくなると、再び小さくなることはほとんどない

年齢をかさねてトップの座を明け渡した「元フランジ雄」は、見た目は「フランジ雄」のまま、だけど毎日の行動は「アンフランジ雄」として控えめでいなくちゃいけないことになる。

フランジを持つオス同志は敵対的な関係になるというから「元フランジ雄」はさぞや肩身の狭い思いをするんじゃなかろうか。

そう考えると、少しばかりせつなくもあるフランジなのだった。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう