イワシの青色!?アオアシカツオドリは驚くほどキレイな青色の足を持っている

「アオアシカツオドリ」って名前が付いている段階で、そういうことだよね。

スポンサーリンク

アオアシカツオドリの雑学&豆知識

自然界には、時として想像の斜め上を行くツワモノがいる。

「おいおい、マジかよ!?」

と言いたくなるような真っ青な足を持つアオアシカツオドリもその一羽だ。

青色の秘密はエサとなる魚(おもにイワシ)。エサを食べることで、魚の色素が足に蓄えられるのだ。

なので、アオアシカツオドリのオスは足が青ければ青いほど

「栄養たっぷりで元気そうね♪」

ってことでメスからモテる。

さらには、歳を取ると足の青さが薄くなることから、ここでもやっぱり青色が濃くて活きのいい若鳥がモテることになる。

かくしてオスは

「自分、若くって活きがいいっすヨ」

とアピールすべくメスの前で足踏みダンスを踊ることになる。


Nature | Dance of the Blue-Footed Booby | Love in The Animal Kingdom | PBS – YouTube

英語でカツオドリは「間抜け」の意味をもつ「Booby」と言うのだけれども、このほのぼのとした動画を観ていると

「な、なるほど、間抜け……か」

と妙に納得してしまうのは自分だけだろうか(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう