9月22日は世界サイの日

9月22日は世界サイの日

ツノを狙う密猟者が後をたたず、サイはこのままだと20年以内に絶滅するとも言われている。

スポンサーリンク

サイの雑学&豆知識

9月22日は「世界サイの日(World Rhino Day)」。

世界自然保護基金(WWF)が絶滅の危機にあるサイの現状を訴えるために2010年に制定したもの。

サイの生息数が激減している理由は、ツノ目当ての密猟。

とはいえゾウの牙のように美しくも見えないサイのツノが何で?

と思う人も多いだろう。

実はこのサイのツノ、「ガンに効く」とか「滋養強壮剤になる」などの迷信のもと、漢方薬として金よりも高い値段で取り引きされているのだ。

髪の毛や皮膚と同じ成分のツノに、そんな効果があるはずもないのに。

サイのツノは髪の毛とほぼ同じ成分の「ケラチン」というタンパク質から出来ている。

サイは現存する5種「シロサイ」「クロサイ」「インドサイ」「ジャワサイ」「スマトラサイ」のすべてが絶滅の危機にあるという、かなりギリッギリの状況だ。

「世界サイの日」はひいき目に見てもメジャーな動物の日ではないけれど、

「そっか、今日はサイの日なんだ」

と何かのきっかけで気づいたならば、サイの現状にも少しだけ関心を持ってもらえるとうれしいな。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう