ネコが「ごめん寝」をするのは光がまぶしいから

シェアする

スポンサーリンク
息苦しくはないのかな

雑学&豆知識

びろ~んと長くなったり、くるんと丸まったり、はたまた魚の開きのようにお腹を上に向けて両足をぱっかり広げたりと自由きままな姿で寝るネコちゃん。

中でも、まるでおじぎをするように顔を床にぺったりとくっつけて寝る姿は「ごめん寝」などと呼ばれている。

このごめん寝、周囲が明るい時に光を遮断しようとしてこのような姿になっていると言われている。

ネコは暗闇でも目がきくくらいなので、逆に昼間の光では明るすぎてしまうのだとか。

暗闇が苦手な我々人間でも布団を頭からかぶったり、自分の腕を目のあたりにのっけて寝たりするくらいだから、ネコにとっては相当まぶしいのかもしれない。

普通の格好ででろ~んと寝てるネコもたくさんいるけどな。