タツノオトシゴはオスが出産をする

シェアする

スポンサーリンク
ワンダフル♪と思う女性は多いはず

雑学&豆知識

だったらメスは何をするのだ?

ということになるのだけれども、卵を産むのはやっぱりメスの役目。オスの育児嚢(いくじのう)に産卵をするのだ。

けなげなオスは育児嚢(いくじのう)の中で卵をふ化させて、稚魚になるまで少しの間育ててから出産。

オスの大きなお腹からタツノオトシゴの稚魚が出てくる姿を見ると、オスが出産?と思ってしまうけれど、ちゃんとからくりが存在するというわけ。

それにしても、やるな、メス。

そして、偉いぞ、オス。