ウバザメの名前の由来はエラが老婆のシワに似ていたことから

もう少しカッコイイ名前はなかったのか、と。

スポンサーリンク

ウバザメの雑学&豆知識

英名になると「バスキング・シャーク」という抜群に格好良い名前を持つ、世界で2番目に大きいサメの「ウバザメ」さん。

実際に日なたぼっこをする習性があり(ただ、漂っているだけという説もある)この名前がつけられたのだという。

ウバザメの名前の由来は、体の側面にある長いエラがまるで姥(ウバ・老婆)のシワのように見えたことからと言われている。

いや、もうちょっといい名前あったでしょ。

と思わずツッコミたくもなるのだが、当のウバザメはそんなことにお構いなく、昨日も今日も、そして明日も大きな口をガバッとあけて、水中のプランクトンを食べているんだろうなぁ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう