6月22日は世界ラクダの日

6月22日は世界ラクダの日

日本に住んでいると、ラクダが家畜と言われてもすぐにはピンと来ないね。
スポンサーリンク

ラクダの雑学&豆知識

ラクダといえば、中東アジアの砂漠地帯をテクテクと歩いているイメージが真っ先に浮かぶのではないだろうか。

実際、ラクダは水や栄養分をコブの中に蓄えることができるので、砂漠のような過酷な環境でも生きて行くことのできる数少ない家畜のひとつだ。

そんなラクダの重要性を世の中に広めて行こうと制定されたのが、6月22日の「世界ラクダの日(World Camel Day)」

そもそも日本ではラクダが身近な存在ではないので、この「世界ラクダの日」も今ひとつメジャーではない気がする。

それでも国内のいくつかの動物園ではラクダの日のイベントが開催されていたりするので、これからジワジワと有名になっていく……のかもしれない。

「地球温暖化による気候変動、水不足で今後ますますラクダの重要性が高まって行く」なんて言われると、日本も人ごとではないしな。

参考:World Camel Day (22 June) – facebook

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

フォローする

スポンサーリンク